太宰府天満宮&天開稲荷社

太宰府天満宮と天開稲荷社

先日、アロマ講座を福岡で開催した際、

時間を取って、太宰府天満宮と天開稲荷社へ行って参りました。

 

行き方は

・博多駅から直通バス

・電車を3本乗り継ぎ

・タクシー

 

の3択のようでして、

私たちは直通バスに乗って行きました。

博多駅(博多口)にある、バスターミナル11番から

『太宰府』行きに乗り、45分くらいで到着します。

 

太宰府天満宮は学問の神様だそうで、

受験の祈願なのか、丁度、ご祈祷をされていました。

 

あと、敷地内に結婚式場もあるのか、

花嫁さんと花婿さん、その後親戚など

大勢歩いてらっしゃいまして、

おめでたい光景も拝見することができました。

 

また、敷地内にいらっしゃる、御神牛の頭を撫でると

知恵を授かれるとの事で、撫でさせて頂きました。

 

天開稲荷社

天開稲荷社は

名前の由来の通り、天に開かれたお社で、

五穀豊穣商工業の発展

人々に開運と幸福をもたらす神として信仰されているそうです。

そして、

天に道が開け、運気がどんどん上昇すると言い伝えのある、

ありがたいお稲荷さんだそうです^^

 

天開稲荷社なのですが、

最初、どこにあるのか分からず、

社務所の方にお聞きしたところ、

太宰府天満宮の奥に扉があり、

そこをくぐって行き、道なりに行くとあるとの事。

 

全く案内がなかったので、聞かないと分からなかったレベル。

扉をくぐるとすっごく心地の良い雰囲気で

扉の外と中では全然違う雰囲気でビックリしました。

 

あとで調べてみましたら、

天開稲荷社は太宰府天満宮の奥の宮に当たるそうです。

 

その後、道なりに進んでいくと、

京都の伏見稲荷さんのような雰囲気の階段が沢山あり、

ひたすら登り、頂上へ。

 

行き着くと、12の干支の鐘があり、

自分の干支の鐘を鳴らしてお参りするそうで、

私にとって、初めてのお参り方法でした。

 

そして、さらに上にある奥の院へ。

洞窟があり、そちらにいらっしゃいました。

中に入ると、白い靄がかかったようになっていて

神秘的な空間でした。

 

写真を後ろから撮ってくれていたのですが、

あまり撮らない方が良いのかな?

と思ったので、こちらに載せることは控えたいと思います。