心身健康に効果アリ!『自彊術』のススメ(1)

心身健康で自由で豊かなライフスタイルの研究をしております、
エッセンシャルライフコンサルタントの柳川恵里香です。

今日は私が最近行なっているオススメの体操をご紹介したいと思います。

 

『自彊術』ジキョウジュツという

31種の動きを順番にやっていく体操なのですが、

心と体は繋がっていて、

この動きを順にやっていく事により、

心身の健康が得られるようなのです。

 

肩こり、腰痛だけでなく、

様々な難病も治ってしまったという体験が沢山あるそうです。

 

心身健康に効果アリ!『自彊術』のススメ

 

31種の動きを順番にやっていく体操なのですが、

心と体は繋がっていて、

この動きを順にやっていく事により、

心身の健康が得られるようなのです。

 

肩こり、腰痛だけでなく、

様々な難病も治ってしまったという体験が沢山あるそうです。

 

私は数ヶ月前に池見先生の事を知り、

こちらの本を読み、YouTubeでアップされている動画を見ながら実践しています。

 

自彊術入門

自彊術入門

ものぐさな私が実践できているのは
下記3点の手軽さがあるからです^^

 

1)ヨガマットなど不要。
2)必要な広さは畳1畳くらいでOK
3)所要時間は15分。

 

お年寄りでも体が動く範囲でやれば可動域が広がっていきますし、

肺も鍛えられ、真の心身の健康が得られると私は思っています。

 

 

私の場合の体感

 

私の場合、真冬でも半分くらいの工程が過ぎると

体がポカポカしてきて終わる頃には軽く汗が滲むようになります。

 

そして、終了後は背筋がスッと伸びた感じがし、心も体もとても清々しくなります。

 

そこで、今日は私の備忘録のためにも、皆様のご参考のためにも

自彊術入門に掲載されている、1つ1つの動きの注意点などをご紹介したいと思います。

 

YouTube動画だけですと、実際どのように動いているのか?

何に注意して行なった方が良いのか?がわかりにくい為、

理解の助けになると思います。

 

また、医学的効能も紹介されています。

 

ちなみに私は通ったことがありませんが、

各地のカルチャースクールでお教室もあるようですので、

ご興味おありの方は通われるのも良いかもしれません^^

 

 

行う前の注意

 

1)動きの順番も計算されて構成されていますので、順番通りに行うことが大切だそうです。

2)号令をかけることも肺を鍛えることになるそうなので、号令もきちんとかける。

3)「体の中で滞っている場所や、炎症が起きている場所、不調がある場合、

逆に痛みや不具合が出る場合もある。」という事です。

※その場合、痛みが出たからやめるというのではなく、
動く範囲、辛い動きは飛ばしても出来る範囲で継続することが大切だそうです。

4)YouTube動画ではほとんどの動きが10回ですが、本では20回を勧めています。

私は基本1013回くらいでやっています。

 

自彊術実践


【自彊術31動YouTube】

 

【礼】

 

1)まずは、正座の姿勢になる。

自彊術はこの姿勢をビシッと決めることから始める。

両足のかかとはなるべく八の字に開き、足の親指は重ねず揃えておく。

(かかとを開くとくるぶしが床に着くはず)

膝頭も開かず、ピッタリとつける。

その上に背筋を伸ばし、腰を立てた上半身と尻を乗せる。

両腕はビシッと伸ばし、両手指は揃えて膝の上に乗せる。

指は膝頭からはみ出さないようにする。

目は真正面を向き、顎を引く。

 

2)礼の姿勢に移る。

正座の姿勢のまま右手を膝の前、中央の10センチほど前に真横に向けて置く。

 

3)右手の甲の上に左手を重ねて置くと同時に両肘を水平にし、静かに床に落とし、両手が重なった甲の上に顎を乗せ、1呼吸する。

武術は「礼に始まって礼に終わる」と言われるが、自彊術も同様。礼の段階から始まっている為、決しておろそかにしてはいけない。

座れない方は立ったまま、もしくは椅子に腰掛けて行なう。いずれ座れるようになる。

 

【第一動】

 

下腹を抱え、肩を上下する体操。

 

《動作》

 

1)両手指をしっかり組み合わせ、肘を伸ばしたまま、下腹を抱える。

組んだ手の小指側を下腹の恥骨のすぐ上に直角に当てるようにし、親指は合わせ前方に少し倒す。

2)鼻から息を吸い、下腹を引っ込ませながら姿勢を崩さずに肩と手を引き上げる。

3)すぐに口から息を吐きながら、肩をストンと落とす。

息を吐く時は口を半開きにし、思い切って「ハーッ」と吐き出す。

吐く時に肘やお腹を緩めないように注意。

 

《医学的効果》

 

腹式呼吸を行うことにより、肺活量が多くなり、肺、心臓を強くする。

下腹を摩擦することにより、胃腸下垂の治療・予防に効果がある。

慢性胃腸炎、便秘、痔、尿失禁症には特に効果がある。

次に行う第二動と共に腹圧のリズミカルな変化で、腹腔自律神経の中枢、太陽叢を刺激する。

肩を上下させることにより、肩の摩擦ができることになり、高血圧を下げたり、

腹部肥満解消の効果も認められている。

 

【第二動】

 

肋骨を抱え肩を上下する運動

 

《動作》

 

1)脇腹寄りの肋骨の上に手のひらを添え、親指を乳首の下に当てる。

他の4本の指を肋骨の下に差し込み、肋骨を抱えるようにする。

2)第一動と同じ要領で引き上げながら息を吸い、吐き出しながら肩を下げる。

肩先はなるべく耳たぶ辺りまで近づける。

手のひらは常に肋骨に密着させておく。

 

《医学的効果》

 

胸郭を広げ、胸部臓器の神経をつけることを目的としている。

この動作は”肝臓もみ”とも呼ばれ、肝胆血流を増加させることによって、慢性肝胆疾患の治療に効果がある。

胆石が消失したという事例もある。

ただし、大抵の病人は肋骨の下がこわばっている為、指がなかなか入らない。

その場合、無理して差し入れようとはせず、指を当てるだけにし、様子を見る。

急性肝炎や胆嚢発作の時はこの運動はやってはならない。

その他、第一動と合わせ、胃、十二指腸、膵臓、大腸、小腸全ての消化器系疾患に有効。

ことに膵臓疾患の発見に効果がある。

しゃっくりを止める時にも役立つ。

 


 

31種もあるので、今日は第二動までで、

今後また少しづつお伝えしていきたいと思います。

ご参考になれば幸いです。

 

では、また〜^^

心身健康で自由で豊かなライフスタイルを^^

 

 

 

この記事を書いた人

アイリス・アロマヒーリングカレッジ

「答えは自分の中にある」という考えのもと、感情の解放を意図しエッセンシャルライフヒーリング、エッセンシャルライフ・アロマリーディング、アロマスパインマジックという手法をお伝えしています。